電話・メールからの予約

目次

新規追加とグループ追加の違い

予約の追加は、新規追加とグループ追加の2種類の方法があります。

新規追加 新たに予約を追加する方法です。
グループ
追加
すでに受け付けている予約に、新しいゲストや参加日を
追加する方法です。

新規追加の方法

新規追加の方法のイメージ

①「予約台帳」へ移動

②「+新規登録する」をクリック

右上に表示されている「+新規登録する」ボタンから予約フォームへ移動します。

新規追加の方法のイメージ

③「予約フォーム」より入力

ショップ用の予約フォームは、ゲスト予約と乗り合い予約を選択する画面から始まります。

「ゲスト」を選択すると、お客様からの予約時と同じような予約フォームが表示されますが、「予約媒体」の選択は、ショップ様用の画面のみに表示され、ゲスト用の予約フォームには表示されない項目です。

さらに、ショップ様用の予約フォームでは、顧客情報の入力画面での必須項目が少なく、参加コース・メニュー・参加人数・参加日・お名前の入力があれば、その他は空欄でも予約可能です。

リピーター様など、すでに顧客名簿に登録があれば、簡易的に入力・予約後、名簿連携をおこなうことで、かんたんに詳細情報や利用履歴をリンクさせることができます。

「乗り合い」予約フォーム画面

乗り合い追加の方法のイメージ

台帳から予約追加時「乗り合い」をクリックすると、上のような予約フォームが表示されます。
各項目の役割は以下のようになります。

①カレンダーで予約日を選択

選択した日付は、通常の予約フォームと同様に背景が青く、文字は白で表示されます。

②乗り合いショップ

プルダウンから乗り合いショップを選択できます。
未登録のショップは、設定の「乗り合いショップ」で登録をおこなってから予約を入力してください。

③ボート

設定している「乗り合いタイプ」が表示されます、該当する便を選択してください。

④ゲスト・スタッフの人数を登録

ゲスト・スタッフの人数をそれぞれ登録してください。

⑤タンク

タンクレンタルが必要な場合は、本数を選択してください。

⑥その他料金

器材レンタルなど、乗船・タンクレンタル以外で料金が発生するメニューをご希望の場合はこちらにご入力ください。

⑦備考

メモとしてご利用ください

⑧「確定する」ボタン

ボタンをクリックすると予約が確定され、台帳の画面に移動します。

グループ追加の方法

グループ追加の方法のイメージ

①「予約台帳」へ移動

②「グループ」の項目をクリック

予約グループのページへ移動します。

グループ追加の方法のイメージ

③「+グループに予約を追加する」をクリック

右上に表示されている「+グループに予約を追加する」ボタンから予約フォームへ移動します。

④「予約フォーム」より入力

予約フォームの画面はゲストからの予約時と同じように表示されますが、必須項目が少なく、参加コース・メニュー・参加人数・参加日・お名前の入力があれば、その他は空欄でも予約可能です。
リピーターであれば既に登録されている顧客名簿と連携し、カンタンに詳細情報や利用履歴をリンクさせることができます。

顧客名簿からの予約入力

顧客名簿からの予約入力のイメージ

①「顧客名簿」へ移動

顧客名簿から検索し、個人ページを開きます。

②「+予約を追加する」をクリック

ボタンをクリックすると、予約フォームが開かれます。

③「予約フォーム」より入力

予約台帳からの予約と同様に、予約フォームを入力します。
代表者情報は顧客名簿の情報が反映し、予約完了時点で「名簿連携」が済んでいる状態となります。
同行者がいる場合は、台帳の予約と同様に予約後に名簿連携が必要です。

予約枠の注意

予約枠の注意のイメージ

予約台帳や顧客名簿からの予約は「予約枠」を増枠して受付可能です

スタッフの方がご入力いただく予約のため、予約枠を自動で増枠して受付できるようになっています。

「予約枠」増枠時の注意

同日の予約にキャンセルが出た場合、予約枠は増枠されたままとなりますので、人数を減らす必要がある場合は、キャンセル発生時に「予約枠」にて調整をおこなってください。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関すること、サービス導入に関することなど、ご不明な点やご要望がございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら