チェックインと名簿連携

目次

チェックインとは

OKABANにはチェックイン機能が備わっており、予約情報を反映することで、ゲストは申込書の記入作業を、スマホで簡単におこなえるようになります。
ペーパーレスでコストの削減になるだけでなく、顧客情報に紐付けることで、様々な作業の簡素化が可能です。
チェックイン機能を利用するためには、予約台帳で名簿連携をおこなう必要があります。

名簿連携の役割

名簿連携をおこなうことで以下のことが可能になります。

①チェックイン
②登録名(氏名・カナ)による顧客検索
③利用履歴の紐付け
④会計機能


名簿連携ができていないと、上のどの機能も活用することができません。
間違いなく正しい顧客に紐付けするために、名簿連携の作業はスタッフの方に手作業でおこなっていただく仕様となっています。

顧客名簿の自動連携

新規で入った予約の顧客情報が、すでに顧客名簿に登録されている情報と「姓名」「電話番号」が一致している場合、自動で名簿連携されるようになっています。姓名や電話番号のどれか一つでも誤りや変更があった場合、同じ顧客名簿への自動連携が行われないためご注意ください。

名簿連携の方法

名簿連携の方法のイメージ

①「未連携」という文字をクリック

「顧客名簿未連携の新規予約」には未連携の予約のみが表示され、「予約台帳」には未連携・連携済ともに当日の全ての予約が表示されます。
名簿連携はどちらの画面からもおこなえます。

名簿連携の方法のイメージ

②名簿連携をおこなう

(1)リピーターの場合はリストから選択で連携完了
(2)来店済みのはずが(1)のリストに出ない場合は検索して選択で連携完了
(3)初来店の場合は「新規登録する」をクリック

名簿連携の方法のイメージ

(3)の「新規登録する」の場合のみ、上のような登録画面が表示されるので「保存する」をクリックで連携完了

複数日予約の名簿連携

同時に予約されたものであれば複数日であっても一度の作業でまとめて連携可能です。

名簿連携の解除方法

名簿連携解除のイメージ

まちがって名簿連携をしてしまった場合は、下記の方法で連携を解除してください。

①「名簿連携」欄の文字をクリック

②「解除する」ボタンをクリック

ゲストにチェックインをお願いする

ゲストにチェックインをお願いするのイメージ

①チェックイン欄のピンクのマークをクリック

チェックインのためのQRコードが表示されます。

ゲストにチェックインをお願いするのイメージ

②QRコードを読み込む

(1)ゲストのスマホでQRコードを読み込んでいただきます。
(2)スマホをお持ちでないなど、読み込んでもらえない場合は「このまま入力」からスタッフが持っている端末に入力をお願いします。

ゲストにチェックインをお願いするのイメージ

③お名前を確認

④空欄を入力してもらう

予約情報が反映されているので、誤りがないか見ていただき、空欄を入力していただく。

⑤「チェックイン確認事項」を読んでもらう

⑥「上記情報に相違ないことを確認のうえ参加します」ボタンをクリック

項目は全て必須のため、入力漏れがあると完了することはできません。
エラーが表示されるので、入力いただいて再度ボタンをクリックしてください。
下のような完了画面が表示されたらチェックイン完了です。

チェックインの項目の違い

項目は予約時と同様に、ファンダイブ・講習と、体験・スノーケルで異なります。
チェックイン確認事項には、各コース毎に設定された文章が表示されます。

ゲストにチェックインをお願いするのイメージ

チェックインが完了すると、予約台帳の一覧のチェックイン欄もピンクからグリーンにマークが変更されます。
もしも変わっていなかったら一度リロード(更新)してみてください。

予約情報更新の注意

名簿連携をおこなうことで、リピーターの顧客情報は予約・チェックインなどの際に上書きされます。
名簿連携をおこなっていない状態で顧客情報を変更しても、名簿の情報は更新されませんのでご注意ください。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関すること、サービス導入に関することなど、ご不明な点やご要望がございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら