予約枠について

目次

予約枠とは

予約枠とはのイメージ

予約を受け付けるためには「予約枠」の管理が必要です。
予約枠が設定されていないと、そもそも予約を受け付けることができません。
参加日に「×」が表示され、予約に進めない場合は、予約枠の設定を確認してください。

また、予約枠のカレンダー表示は「○」「×」だけでなく、4つの表示があり、以下のような意味を持っています。

空き状況の表示

「○」翌々日以降で予約が可能な日程
「△」受付制限に達しているが、総予約枠に空きがある日程
電話のイメージ」翌日の予約枠に空きがある場合
「×」は予約に空きがない日、または過去日付

予約枠の見方

予約枠の見方のイメージ

①メニューバーの「予約枠」をクリック

②確認・編集したい月を選択

<>で確認・編集したい月を表示します。
編集できるのは当月以降のみのため、過去の月は表示できません。

③予約数/予約枠

黒文字「実際の予約人数の合計」/青文字「設定している予約枠数の合計」が表示されています。

④コースごとの予約数/予約枠と〔予約制限〕

コースごとの表示は、合計同様に黒文字「実際の予約人数のコース累計」/青文字「設定している予約枠数のコース累計」のほか、さらに〔〕内にリクエスト枠の数字が表示されます。

⑤「編集する」ボタン

予約枠の編集画面に進みます。

予約枠の設定方法

予約枠の設定方法のイメージ

①「編集する」ボタンで編集画面に移動

②予約枠を編集する

予約枠には各コースごとに「予約枠」と「受付制限」の2種類があり、一日ずつ編集することも、「一括編集」ボタンで、1ヶ月まとめて編集することも可能です。

予約枠に空きがある日程は予約フォームのカレンダーに「○」が表示され、受付制限を指定した場合は人数に合わせて予約リクエストとして「△」が、予約枠の上限に達している日は「×」が表示されます。

予約制限は、「講習は全てリクエストで受けたい」、「スタッフ1名で見れない人数は一旦リクエストで受けたい」など、他のコースとの予約の兼ね合いで検討したい場合におすすめの機能です。
使用例は下記を参考にしてください。

③「保存する」をクリック

予約枠の編集が完了し、画面が切り替わります。

受付制限の
使用例
予約枠 受付
制限
カレンダー
表示
予約数の一部を
リクエスト扱い
にしたい場合
8 2 1〜6人目までの予約「○」
7〜8人目の予約「△」
9人目以降「×」
全ての予約を
リクエストで
受けたい場合
4 4 1〜4人目の予約「△」
5人目以降「×」
予約リクエスト
を利用しない場合
4 0 1〜4人目の予約「○」
5人目以降「×」

予約リクエストの注意

予約をリクエストで受けた場合は、必ず以下の2点をおこなってください。

予約リクエストの注意のイメージ

①参加の可否をゲストに連絡

リクエスト枠の予約完了画面は、上のような文章が表示されます。
参加の可否を必ずゲストに連絡してください。

予約リクエストの注意のイメージ

②予約台帳のステータス変更

リクエスト枠の予約は、予約台帳のステータス欄に「予約リクエスト」と表示されています。
「予約リクエスト」の文字をクリックするとステータス変更の画面が表示されます。
ゲストに連絡後、「予約中」「キャンセル」など、正しいステータスに変更してください。

「予約枠」の増枠機能

「予約枠」の増枠機能のイメージ

台帳画面からの予約は「予約枠」を増枠して受付可能です

スタッフの方がご入力いただく予約のため、予約枠を自動で増枠して受付できるようになっています。

「予約枠」増枠時の注意

同日の予約にキャンセルが出た場合、予約枠は増枠されたままとなりますので、人数を減らす必要がある場合は、キャンセル発生時に予約枠ページで調整をおこなってください。

お問い合わせをご希望のお客様へ

操作方法に関すること、サービス導入に関することなど、ご不明な点やご要望がございましたら、下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら